当院について

HOME   >   当院について

ドクター紹介

理事長 精神保健指定医
頼田 綾子 Yorita Ayako
平成11年愛媛大学附属病院精神神経科勤務、平成15年堀江病院勤務、平成16年愛媛大学附属病院精神神経科助手勤務、平成17年正光会今治病院勤務、平成27年11月Dクリニック兼務、平成30年Dクリニック駅前医院兼務
院長・管理者 
福田 良二 Fukuda Ryouji
昭和31年9月国立石川県山中病院勤務、昭和35年6月駅前医院開業

創設者の思い

「志」

昭和35年に整形外科として「駅前医院」を開院して以来ずっと、患者様をはじめ従業員を大切にすること、 患者様には親身に、患者様の目線で診療することが医者のあるべき姿であると考えてきました。 患者様から「おかげさまで良くなりました」という言葉を聞くと、何よりも嬉しく感じます。 可能な限り薬は使わず、リハビリや食生活の指導等、身体に負担をかけない治療を心がけています。

平成30年12月より、「Dクリニック駅前医院」として、新たに心療内科が加わりました。 Dクリニックの「D」の由来は、「志」(こころざし)です。 志を英訳すると、Dream(夢)とDecision(決断)とDetermination(決意)の3つの単語をかけ合わせだそうです。

これからは、心や身体両方の治療をしていくことはもちろん、患者様が何でも相談できる場所を提供することが、私の志すものです。また、従業員皆その思いを継いでいっていただければと思います。

創設者:院長 福田 良二

当院の診療は以下の4つで構成されています

1 心療内科 一般診察
2 精神科訪問看護
3 整形外科
4 リハビリテーション科

それぞれを詳しく説明します。

1 心療内科 一般診察

精神科医と基本的には1対1で診察を行います。(ご家族や所属している学校の先生、職場の上司などの同席を希望される方はもちろん同席で構いません。)血液検査や心理検査で器質的な疾患を除外し、まず診断します。その後必要であれば経口内服薬などによる薬物療法を行いますが、全ての基本は精神療法と考えます。理念でも申し上げたように人の心を治すのは「人」であると考えており、あくまでも薬物療法は精神療法や環境調整では不足している部分を補完するための補助的なものにすぎず、最終的には薬物療法から離脱し自律した上で自立を目指します。

○対象疾病(ICD-10より)

F0: 認知症(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、脳血管性認知症など)
F1: アルコール依存症
F2: 統合失調症
F3: 気分障害(うつ病、双極性障害など)
F4: 神経症性障害(強迫性障害、パニック障害、適応障害など)
F5: 摂食障害、産後うつ病、睡眠関連障害など
F6: パーソナリティー障害
F7: 精神遅滞
F8: 発達障害(学習障害、自閉症スぺクトラム障害など)
F9: 注意欠陥多動性障害、チック障害など

2 精神科訪問看護

学校や職場に行けないどころかクリニックにも通院できないひきこもり状態で困っている場合に利用してください。

3 整形外科

整形外科では、脊椎(せぼね)や四肢の骨・関節・筋肉・腱・靭帯・脊髄・末梢神経など運動に関係する器官(運動器といいます)のあらゆる病気(外傷・障害を含む)の治療を行っています。

4 リハビリテーション科

障害の機能回復や維持、疼痛の緩解、生活の自立や社会復帰の為の訓練・援助などを行っています。

当院の写真

  • 受付受付
  • 待合待合
  • 診察室(整形外科)診察室(整形外科)
  • 処置室処置室
  • リハビリテーション室1リハビリテーション室1
  • リハビリテーション室2リハビリテーション室2